自分が楽しく仕事をすれば 「お客様も楽しい!!」 「仲間も楽しい!!」 「自分も楽しい!!」          楽しく仕事をして何が悪いんですか♪ 楽しくなければ仕事じゃないですよ♪
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ 2007/04/07(土)
桜も咲いて、オフィス街や通勤電車にはフレッシュマンとおぼしき人を見かける季節になった。諸先輩方は、そんな新入社員にどんな本を読んで成長してもらいたいか。 ORICON STYLEでは、20代、30代、40代を対象に、新入社員にオススメの1冊をインターネットで調査した。その結果、「新入社員に薦めたい本」
第1位は【三国志】。
第2位は『竜馬がゆく』、『街道をゆく』などの【司馬遼太郎の本】。
第3位は【マナー本】。


私が一番尊敬する歴史上の人物は「坂本竜馬」です。
あの、人を惹きつける魅力
あの、時代を読む力
そして、その力を信じて疑わない信念

そこまで多くの竜馬本を読んだわけではないが、どの本からも感じる「竜馬」である。
このように感じるのは一体なんだろう…

ランキングを確認してから


人を惹きつける魅力の理由の一つとしては、虚栄心が無いという事だと思う。すなわち、自分に対して、自分にも他人にも正直である。これ程ビジネスの中においても強いものは無い。自分と言うものがいったい何なのかが理解できているのだ。人は自分を見つけるために、人生と言う名の旅をしているようなものだ。そんな凄いことを無意識のうちに「竜馬」は行っていたと感じる。


時代を読む力は何も未来を予測したり、ヴィジョンを指しているわけではない。その不明瞭な未来に対して、圧倒的な信念をもって待つことが出来る事を指したい。現代においても先を見通す力に長けている人は多くいる。しかし、その見通した先が10年後だったとしたら、その求めている10年後世界が不可抗力によって到達する世界だと思ったら待てるだろうか人は何人いるだろうか。その未来に対して「竜馬」は自分に今出来ることとして竹刀を振り続けた。


力を信じて疑わない信念はもちろん「竜馬」の力だけではない。そんな、竜馬の人柄を信じ慕ってくれる仲間。そんな、竜馬の視線の先を見えないながらも見えた振りをして付いてきてくれる仲間。そんな仲間が「竜馬」の信念を後押ししたのではないだろうか。



人材(最近は人財の表記が目立つが)の必要性がいつも以上に激しい。
でも、リストラという名の首切りを行ったのはつい最近ではないのか?
派遣社員に不正労働をさせて、その6時間後に正規雇用にヒラリと動いた世界有数の日本企業はメディアでは優良企業で扱われていないか?

会社・社会は必要なときは守ってくれない。
守ってくれるのは、その会社・社会で培った仲間である。
そして、そんな仲間を私も守りたい。
「竜馬」に憧れる、尊敬する数多くの一人として・・・
◆最後まで読んでいただきありがとうございます。ブログランキングにご協力ください☆押して下さった皆さんに感謝です♪◆
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://untitlep.blog95.fc2.com/tb.php/42-ac492f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
街道をゆく街道をゆく(かいどうをゆく)は、司馬遼太郎による短編紀行集。1971年(昭和46年)から1996年(平成8年)まで週刊朝日に連載された。司馬が47歳の時に連載を開始し、司馬の死によって『濃尾参州記』が絶筆となった。街道をゆくは、日本国内ばかりでなくアイルラ
2007/08/01(水) 19:53:53 | 街-NAVI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。