自分が楽しく仕事をすれば 「お客様も楽しい!!」 「仲間も楽しい!!」 「自分も楽しい!!」          楽しく仕事をして何が悪いんですか♪ 楽しくなければ仕事じゃないですよ♪
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ 2007/03/29(木)
ただ今、セミナー探しに奮闘中です。人生に役に立つセミナーを教えてください。教えてくださる方はこちらへ、もしくは右のフォームよりお願いします

【人と話している最中に突如として、面白い考え方が生まれる場合がある。今日の一つ・・・周りはどう感じるのだろう?】

知らない言葉が耳に入ってきた時に皆さんはどうしているのでしょう?
聞くor聞かない。
調べるor調べない。
メモするorメモしない。
私は聞くこともあるが調べることの方が多い。

理由は簡単。
知らない言葉を聞いても正しい内容かどうかが判断できないから。
別に信用の問題ではありません。
単純に知りたいだけです。自分の目で耳で体で・・・

数年前までは広辞苑などで調べるしかありませんでした。
でも、インターネットが当たり前になるとネット辞書で調べるようになりました。
今は、【Wikipedia】【google】で調べています。

【Wikipedia】と【google】の両方で調べるにはちゃんと意味があります。
【Wikipedia】には一つの言葉を正確に書いてあり、その言葉から先の言葉まで書いてある場合があります。そして広辞苑などと根本的に異なるのが、その時代を反映した意味に変化していきます。従って、時間のベクトルはあるものの意味に対するベクトルは一切ありません。

一方【google】はその言葉について記載してある色々な事柄に繋がります。その言葉の持つ意味に対して人の気持ち、考え方というベクトルが加わります。一方向で分析する人、多方向で分析する人、人の分析を更に分析する人・・・様々です。すなわちこれが情報となります。

本来の言葉の持つ意味を知らないで不適格な情報に触れてしまった場合には、その情報が絶対となります。様々な情報に触れて修正したとしてももしかすると井の中の蛙状態かもしれません。
だから、その時代に適した本来の意味を持っていると思われる【Wikipedia】で調べた後に、【google】で情報を手に入れ、知識として取り込みます。

ここまでは人と話している最中に伝えた私の考え方です。
この内容があっているかどうかは分かりません。
あくまで私の方法ですし、もっと良い方法もあるでしょう。

人と話して面白い考え方が生まれたのはこの直後です。


「≪点≫の本来の定義は、大きさ・面積・長さをもたないものだから世の中に存在しないって事は知ってるよね?」
「うん、だからその考えでいくと≪点≫は≪面≫になって、≪線≫も幅をもたないものだから≪面≫になるって聞いたことあります。」
「だよね?・・・【Wikipedia】で調べた言葉って≪点≫じゃないかなって思った。方向を全く持たない唯一の存在?うまく言えないけど≪点≫だな~って」
「???」
「で、【google】で調べた言葉すなわち情報、≪点≫から放射状に≪線≫が加わったもの。この情報量を無限大とし、方向の大きさが同じだとしたら≪点≫が≪面≫になる」
「・・・なんとなく分かります」
「でも、この≪面≫もマクロで見ると≪点≫になる。だからどれだけ凄い情報でも大きな目で見ると、情報として役に立たなくなってしまうかもしれないと、今、思った(笑」
「あぁ。ようやく言っている意味が分かりました。確かにそうですね。でも、情報を役に立てるには・・・」
「≪点≫と≪点≫をつなぐと?」
「≪線≫になる。≪線≫はマクロで見ても≪線≫ですね。」
「だよね。だから、情報は一つではやはり役には立たないね。じゃあ、複数の情報と複数の情報をつなぐと・・・」
「≪面≫になります。なんか、繰り返しですよね。ここで≪面≫が出てくると・・・」
「そう、所詮マクロで見ると≪点≫となって水の泡さ。これを君が学んでいるエクスマに置き換えると何になる?」
「・・・売れない物・・・か。だとしたらこれに付け加えれば確実に売れる物に変身するんですよね」
「そうだね。この情報で出来た≪面≫を地面に置いた場合を考えてみよう。地面に置かれているから、近くに行けば見えるよね?だから、買ってもらえるんだ。でも、遠くに行くと見えなくなる。だから、買ってもらえなくなる。付け加えるには何が必要か・・・」
「わかった」
「そう、高さを持った≪面≫だね。組み合わせて≪立方体≫になると、遠くにいっても見えるよね。これがエクスマで言っていた・・・」
「体験とか感動になりますね」
「って言うことだと思う。エクスマ自体は僕も勉強していないし、この考え方は今生まれたから、何とも言えないけどたぶん間違ってはないんじゃないかな~」
「あっていると思いますよ。絶対そういった考えをメモしてまとめて本とかにするべきですよ」

*=====*=====*=====*=====*=====*
とまあ、こんな感じです。
本の出版か・・・楽しそうであるのは間違いない。
でも、私は思いつきで話し、そして忘れる。
次の日には違う考え方になっている事もある。
自分への自戒として・・・本の出版か・・・
面白そうでもある。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
理解できた方だけで構いません。やる気に繋がる一票をお願いします。
スポンサーサイト
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
 トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://untitlep.blog95.fc2.com/tb.php/33-f41a4baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。