自分が楽しく仕事をすれば 「お客様も楽しい!!」 「仲間も楽しい!!」 「自分も楽しい!!」          楽しく仕事をして何が悪いんですか♪ 楽しくなければ仕事じゃないですよ♪
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ 2007/05/16(水)
最近のスロットの設置状況の推移です。
太字が5号機赤字が設置数ダウン青字が設置数アップです。

01 位→押忍!番長
02 位→パチスロ北斗の拳SE
03 位→秘宝伝
04 位→俺の空
05 位↑アイムジャグラーEX
06 位→鬼浜爆走愚連隊
07 位↓ジャイアントパルサー
08 位↓夢夢ワールドDX
09 位↓スパイダーマン2
10 位↓鬼武者3
11 位→アラジン2エボリューション
12 位↓仮面ライダーDX走れ!スーパーバイク編
13 位↑リオパラダイス
14 位↑リングにかけろ
15 位↓巨人の星3
16 位↑魁!男塾
17 位↓ファイナルジャグラー
18 位→カイジ
19 位→麻雀物語
20 位→真・モグモグ風林火山

ざ~っと見ると、告知系で出玉穏やかなタイプが上昇していますね。
そんな中で、特徴的な台があります。
「リングにかけろ」
です。

一般的に「リプパン外し」と呼ばれているタイプの機種です。
似たような機種は「スパイダーマン」や「仮面ライダー」があります。
差玉が出やすい機種にも関わらず、告知系と一緒に伸びていると言うのは…?

演出や差玉性能の側面だけでは、なかなか見えない共通事項が見えてきそうです。

しかも、この「リングにかけろ」は既に販売が終了しているので、美味しいかもしれません。


それにしても、上位の3機種の機械寿命があと2ヶ月って。
行政も、メーカーも、ホールも、お客様も…そして、金融会社も大変です。

そして、新たなホール企業にも激震が走るかもしれません。
噂を書くんじゃない!!と怒られそうですが…

ブログランキング◆間違っていたらゴメンナサイm(_ _)m う~ん、金融会社からの芋づるか…◆
↑↑↑↑↑↑★応援クリック★お願いします♪          
スポンサーサイト
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ 2007/05/06(日)
GWは本日で終わりです。

このGWはパチンコ業界では1年を通して、お客様が溢れかえる期間です。(他はお盆と正月)

その為、この期間はお客様を全く考えずに、利益主導が当たり前でした。

近年は利益主導の立場は変わりませんが、
お客様を楽しませる試みも多く見られるようになりました。

少しずつ、お客様とホール業界の視点が合ってきた気がして喜ばしい限りです。


さて、今日も再び5号機に関する話です。

この5号機をホールの粗利の視点で見ると、一般的には次のようになります。
「売上の減少」…出玉性能が抑えられ、遊びやすくなった為。
「粗利の減少」…上記の売上の減少を補うだけの粗利率の増加は機械の特性上見込め無い為。
「遊戯人口の減少」…射幸性が下がった為。(私の考えとは全く異なりますが)

上記の理由により、粗利の低下は避けて通ることは出来ないでしょう。

そして、とどめをさすのが「機械代」となります。

各メーカーも努力を行い、機械代を少しでも安くしようとしています。
しかし、多くのホール企業の怠慢により3年間のツケを数ヶ月で払おうとしています。

大きな大きな、再編&淘汰が起こるのは間違いありません。

現在の15000店舗は10000店舗前後まで一気に推移していくでしょう。

その為、この5号機がもたらす激変を単純にマイナスと受け止める人、企業が多いのです。

しかし、私を含め一部の方は全く違う捉え方をしています。
ランキングを確認してから
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ 2007/05/05(土)
GWも残すところ後1日。

GW中は仕事人効果を発揮して、業界全体が久々に盛り上がっていたと感じています。

5月7日から小台数で導入する店舗と、減台してくる店舗があります。
この矛盾性がお客様にもたらすものは何か。

非常に見ものです。



さて、5月~7月には5号機がメインで仕掛けてきます。

BIGタイトルを挙げると
・うる星やつら
・パトレイバー
・青どん
・シェイクⅡ
・アントニオ猪木も燃えるパチスロ機
・デビルメイクライ3
・北斗の拳
・新世紀エヴァンゲリオン2(XorS)

などなどあります。

逆にホールから撤去するBIGタイトルは
・秘宝伝
・押忍!番長
・北斗の拳SE
・その他もろもろ(主にバラエティに導入されている機種)


よく行くホールの4号機は何台ありますか?

その台が5号機に約2ヶ月という短期間に入れ替わります。

もちろん、その負担はお客様です。

その負担金額を払えなければ、パチンコダイエーの二の舞となります。
(パチンコダイエーは機械代が大きな原因ではないのであしからず)


「4号機のお客様が5号機を遊戯してくれないから、業界全体が厳しいな~」
と感じているホールの皆様。

大きく変動をさせれば、お客様は身構えます。

それが、保守系民族の日本人の血流です。

分かっていても動けなかった私たちも保守系です。

その危機感を感じ取る能力が無いところは・・・

潰れるか・・・

他業種への吸収が行われます。

M&Aはまもなく、この業界でも始まる。

そして、外資の参入も・・・年内か?

ブログランキング◆あなたの応援が励みになります。押してくれてる皆さんに感謝です♪◆
↑↑↑↑↑↑★応援クリック★お願いします♪          
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ 2007/04/29(日)
大手ダイエーが倒産した事で、5号機による倒産が現実となりました。

周りの店を見渡してください。

5号機の導入比率がどれだけありますか?

導入比率が20%前後のお店が成功するためには・・・
・現時点でお店のS台数が全て5号機になる計画が完了している!!
(お金も必要ですし、何よりメーカーとの強いつながりも必要です。)
・現状況が1番店、もしくはそれに準ずる2番店の稼動状況!!
・Pで粗利をしっかりと確保できる財務状況!!

導入比率が50%前後のお店が成功するためには・・・
・5号機への取組状況をお客様側にはっきりと明示!!
・出玉、設定に頼り過ぎない集客方法の確立!!
・旧顧客へのアプローチの徹底化!!

導入比率が80%前後のお店が成功するためには・・・
・お店が一丸となって行う5号機への情報浸透!!
・1機種、1機種に対するお店の状況、お客様の状況にあった動機作り!!
・導入比率が低い近隣店舗へのマイナスイメージ戦略!!

などが挙げられます。

5号機への仕掛けはPachi-Ring(パチンコに特化したmixiみたいなものです)が豪腕LIVEを行うなどの取り組み状況が出てきております。

今までは個店単位の取り組みが、大きなメディアの力を借りて、共振してきます。

一度共振が始まってしまえば、止めるすべはありません。

その共振に耐えること出来ないお店は倒産、もしくは寸前まで追い込まれます。
その共振に順応できたお店は今までと変わらないでしょう。
その共振をさらに強い共振にする事ができれば・・・
ブログランキング◆50位前後をいったりきたり。押してくれてる皆さんに感謝です♪◆
↑↑↑↑↑↑★応援クリック★お願いします♪          
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ 2007/04/06(金)
◆ランキング7位に急上昇!!ラッキーセブン縁起が良いです!いつもランキング協力ありがとうございます!◆

5号機への動きが加速してきた!!

当たり前と言えば当たり前だが、全国的な動きがようやく見えてきた。
5号機に対して個店単位だったのが、何とか業界全体へ・・・


5号機の特徴を4号機と比較してはいけない。
3号機から4号機への移行の理由はその時代に活動していないためよくわからない。(3号機は違法改造機が多く出回り、取締りを強化した為人気が大幅に下落した事に対する、遊びやすさを強調したのか?)

だが、4号機から5号機への移行の理由ははっきりと分かる。
射幸性が高まり過ぎたのだ。この射幸性を抑えるために5号機を登場せざるを得なかったのだ。ずばり、ここしか理由はないのだ。


しかし、実際はどうだろう。

警察庁の見解としては、射幸性を抑える事により一人or一台あたりの売り上げは下がるもののその分活況がでてくるのではないかという思惑があったのは間違いない。

メーカー側は売り上げが下がると言うことにしか着目せず、ホールの売り上げ&利益に貢献するには決められた制約の中で射幸性を見出そうとしている。そういった機械を作れば売れると考えている!!

ホール側は売り上げ&利益に貢献しない5号機を否定的に活動を行い、4号機の既存営業を継続している。5号機を導入したとしても、射幸性の高い機種を主に導入している。しかしながら、5号機に移行する事は確実であり、スピードの温度差はあるものの真摯に受け止め捉え始めている。

以上が私なりの見解ではあるが、どうだろう?バラバラに見えないだろうか?何がバラバラか・・・私は事象ではなく時間がずれているように感じる。

すべての時間軸がずれているのだ。
何か新しいことを行うに当たっては、一般の企業であればあらゆる側面の方向性をあわせ同一時間で行うはずである。
しかも、ここにはお客様側の心理はかなり抜けている。


だからこそ、5号機への動きが全国的に加速することは非常に応援したい。どこかの企業がライバル企業を出し抜くのではなく、同じ方向性を向いたまま競い合ってもらいたい。


そうなる事が警察庁の本来の見解である気がする。
ホール側の本来取り組まなければいけない気がする。
そういった機械を市場に出していくのがメーカーの仕事の気がする。


一番の元締めである警察庁の考えが弱腰になっていなければ良いのだが…
その、弱腰に反応して同じ事をメーカーが繰りかえさえなければ良いのだが…
そして、お客様を更に失ってしまうホールが出なければ良いのだが…


頼むから、ホール企業の法人税が減っても、警察庁を刺激しないでくれ!!
財務省!!

◆目指せ50位以内!!ブログランキングに参加しております。押して下さった皆さんに感謝です♪◆
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ 2007/03/23(金)
今日は暖かかったですね。
本社に出勤すると「まぶしい」「まぶしい」を良く聞きます。
どうやら京楽のショールームに必殺仕事人を見に行った話のようです。
なんか嫌~~な予感がするのは私だけでしょうか?

実機を見ると・・・
大量に買う必要もないけれど、周りが入れてくるから・・・と考えている店舗はGW明けでも大丈夫のような気がしてきました。

資金は有限ですので、計画的にね♪

さて、本題です。
最近、機械系の話しかしていませんが、もう1日お付き合いください。

5号機の6月に発売される、本命の1つ「デビルメイクライ」の資料がWEBから入手しました。
デビルメイクライ1


デビルメイクライ2デビルメイクライ3デビルメイクライ4デビルメイクライ5
デビルメイクライ6デビルメイクライ7デビルメイクライ8デビルメイクライ9

スーパBIGは1枚掛けの15枚払い出しが465の純増枚数まで続きます。従って獲得枚数は448枚となり、5号機の理論上最高獲得枚数になります。(ちなみに4号機だと771枚です)
恐らく確率はかなり低く合成確率で1/1000~1/2000になるそうです。

デビルボーナスは2種類のJACゲームがあります。
2枚掛けの15枚払い出し×8=112枚と3枚掛けの6枚の払い出し×8=24枚の2つです。
JACはその都度抽選となるため、運が良ければ112枚が続いて、運が悪ければ24枚が続くことになります。
どんな組み合わせになっても465枚の純増枚数まで繰り返されます。

このデビルボーナスがメインボーナスとなり、平均で360枚程度ですのでスーパーを視野に入れなくても5号機の中では獲得枚数がかなり多いほうです。


演出面は、かなり綺麗で演出頻度のバランスも良かったと思います。中押しでフラグ判別が出来ることが判明しました。チャンス目も見抜くことができますので、同時抽選の確率しだいでは中押しブームによってHIT要因になる可能性があります。


価格的にも高くもありませんので、余裕があるなら購入すべきですが台数がかなりまとまらないと導入できない可能性があります。今すぐに買う(導入は6月ですが)必要はないかもしれませんが、6月にはどのような現状になるのかが分からないことを考えると購入したほうが良いと思います。

機械的に良くなくても売却をする事で十分利益を生み出してくれます。
あとは、シェイクとエヴァ2だが・・・どうなることやら。

◆ブログランキングに参加しております。押して下さった皆さんに感謝です♪◆
ブログランキング
人気blogランキングへ
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ 2007/03/19(月)
う~ん、日曜ドラマ「華麗なる一族」の視聴率は良かったですね。
細かい内容は気にしないで、このドラマを別の観点から見てみると、かなり勉強になります。

主人公の哲平(キムタク)の人心掌握術が上手いんです。
でも、その手法は本当に単純なことを繰り返しているだけ・・・

相手の立場に立つ
仲間を信頼する
揺るがないビジョンを持つ

これが、日常の仕事で毎回毎回出来ると良いんですけど。特にこの相手の立場に立つというのが、やはり難しい。

昨日は普通の人とは違う観点でドラマに惚れ込んでいた私です。


ようやく本題です。

このブログでも口をすっぱくして伝えております5号機移行ですが、くっきりと明暗が分かれてきました。

4号機主流でギリギリまで引っ張る店舗と5号機主流に移行しつつある店舗です。

短期の視点で見れば圧倒的大差で4号機主流の勝ちです。繁盛店でも5号機の島は極端に稼動が落ちています。5号機主流では、集客もできず粗利もとれずの悲惨な状況だと思われます。

しかし、6月末には否が応でもこのような状況に全店舗が追い込まれます。その時にどういった営業方法が確立しているかです。

求められているのは、4号機と同様の営業方法ではないことは確実です。今、5号機主流で営業している店舗の多くが4号機営業型です。

出玉勝負や煽り勝負にて5号機が4号機に勝てる訳はありません。でも、高設定多数だの、5号機が熱いだの・・・これじゃ~同じ4号機のイベントを行っている店舗に持っていかれてしまいます。

今いる現状をしっかりと見極める
今後の現状をしっかりと見極める(楽観的にも悲観的にもならず)
そして、新しい営業方法に挑戦する。

単純なことですが、これすらも出来ていない店舗が多くあります。
自分の首を自分で絞めてどうする・・・う~~ん。
◆ブログランキングに参加しております。押して下さった皆さんに感謝です♪◆
ブログランキング
人気blogランキングへ
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ 2007/03/14(水)
5号機の設置比率がこれから増加していきます。

ですが、今現在設置してある4号機を全て5号機に変えることは、メーカーの生産能力的に100%不可能なんです。

5号機の設置比率が低い店は危険ですよね~。

皆さんもスロットで遊ぶときには注意していきましょうね。


さ~~て、本題です。

近所のパチンコ店のスロット設置機種の4号機が、6月末までにほとんど5号機に変わるということは…入れ替えが多くなりますよね。

これは、遊技者側から見ると大きなチャンスなんです。
・・・と言う事は?

今現在、5号機の設置比率は多くても半分前後です。少ないところだとまだ一桁とかです。

この残りの台数が・・・美味しそうなBIGチャンスが転がっていますよね。そんなチャンスを物にするためにも、5号機とはどんなものかをしっかりと把握しなければなりませんよね?

もちろん顧客であるお客様の立場での視点が必要です。

そんな視点ですが、過去には行われていたのに、最近行われなくなったままのものがあります。

長時間も遊技する気にならない理由をもう一度考えてみる必要があります。
天井?そんなのありません!
当たりやすいゾーン?そんなのありません!
当たり前の事なのに、これを解決しているホールがほとんどない!!
そんな事をしていたら、その機械を打つことに自然に足が遠のきます。

この「自然に足が遠のく」が一番、恐ろしいのです。

なぜなら、その当人自体が打たない理由が無意識なんです。
こうなるとほとんど打つ事は無くなってしまいますね。


皆さんも意外と行っているものです。
当然、無意識なので気付きませんが・・・
◆ブログランキングに参加しております。押して下さった皆さんに感謝です♪◆
ブログランキング
人気blogランキングへ

ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ 2007/03/13(火)
5号機はどうする?

5号機がメインになる7月まで残り3ヶ月!!
5号機の比率が増えてきている店舗と、4号機を使えるだけ使おうという店舗と、残念ながらそのどちらでもない店舗の3つに完全に分けられました。


一番最後の店舗は恐らく、先に述べた景品数問題も恐らくはクリアは出来ないでしょう。何故なら、機械代をおそらく捻出できていない可能性が高いのです。ですので、景品数問題もクリアできるわけが無いのです。こういったお店が、急激に増加してくるでしょう。

4号機を使えるだけ使おうと言う店舗は、やはり利益重視です。売り上げが半分程度になる5号機をメインにするよりは、残り3ヶ月ですが残せる利益は相当な金額になります。当然5号機を購入できる金額も残しているでしょう。手に入るかどうかの問題は残っていますが。

5号機を積極的に入れている店舗は、将来への展望が成否は別として持てている企業です。倒産する比率が一番低いと思います。

この導入の差に対して評価がこれほどまでに違う理由は、ただ一つ!!

スロットの稼動の落ち込みの原因を5号機としているか、していないかです。しているのが、4号機の営業を引き続きしている店舗です。

稼動の落ち込みが本格的に始まったのが一昨年からです。ですが、その時の5号機の比率は、多い店舗でも一桁台だったはずなんです。その一桁台の5号機が稼動低下の原因とはまったく思えません。

稼動低下の原因は今の4.7号機だと考えています。こう考えたほうがすんなりしませんか?

単純ですが、5号機の規則が余りにも厳しいため考え方が5号機悪しといった考え方になっていたのです。

5号機が設置比率の半分を占める店が徐々に出てくるでしょう。
半分…のこり3ヶ月で半分…
何か見えませんか?恐らくパチンコ市場始まって以来のBIGな事が見せませんか?
◆ブログランキングに参加しております。押して下さった皆さんに感謝です♪◆
ブログランキング
人気blogランキングへ
ブログランキング←←←応援クリックが周り周ってあなたの応援を作っています♪ 2007/03/03(土)
「最近スロットの変わりにパチンコを打つようになったんです」

何気ない一般ユーザーの一言が脳天を打ち砕いた瞬間だった。

この業界の現状は、パチンコもスロットも右肩下がりである。当然、こういったコメントは幾度と無く伺っているのだが、今日はちょっと違う視点で考えることが出来た。

その方の考える理由としては、
「最近のスロットは出玉のスピードが遅い反面ごちゃごちゃしている。パチンコはほとんど行ったことが無いが出玉のスピードも早く楽しい」
なのだそうだ。

北斗がブームの時にスロットを始めたそうなのだが、意外とこういった方が多いかもしれない。(統計を調べるのを忘れました)

パチンコの遊技人口も減っている。スロットの遊技人口も減っている。この1年、何回聞いたか分からない言葉である。

別に間違っていたり、嘘なのではない。
しかし、もう一つ隠れていた真実に気付いた。

パチンコとスロット両方をする遊技人口が増えているという事である。統計を取れば確認できるのだが、取るまでも無く確信できる。

私の気付きが遅かっただけだが、考えてみると今に始まったことでは無く1年程前からこういった現象は起きていたと感じる。

私たちは、ちゃんとお客様の顔を見て営業を組み立てていただろうか…

何気ない一般ユーザーの一言が脳天を打ち砕いた瞬間だった。
◆気付くの遅いよ~~と思ったら押しちゃって下さい。押して下さった分反省します◆
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。